あなたの「まごごろ」を伝えるために遺言書の作成をおすすめします。

・再婚をしたので、再婚相手と前妻の子との財産を調整しておきたい。
・子がいないので配偶者に全ての財産を残したい。
・内縁の妻に財産をあげたい。
・病弱な子や独身の子などの生活を考え、他の子より多く財産を分配したい。
・推定相続人に行方不明者、意志表示が困難な人がいる。
・不動産、財産をあらかじめ同居している子の名義にしておきたい。
・世話をしてくれた婿、嫁に財産をあげたい。
・菩提寺、公共団体に寄付したい。

司法書士事務所としての永年の経験上、相続によって親族間で争うことはよくあります。
一度争いとなると、そのわだかまりは生涯にわたり遺恨を残すことも…
遺言を残すこと、あなたの思いを残すことで、そういった争いを未然に防ぐことができます。

いつ遺言書を書くか

遺言書は、死の間際に書けば良いと思っていませんか?
遺言書は遺書とは異なり、法的効力を持つものです。
痴呆症になってから作成した遺言書では、その遺言書の効力を巡って争うということも…
遺言書は、取り消すことも変更することもできますので、明確な意思表示のできるうちに書いておくことをおすすめします。
結婚、出産、マイホーム購入、起業、お孫さんの誕生など、人生の節目に考えてみてはいかがでしょう。

当事務所における遺言書の作成について

当事務所は、遺言書保管制度(登記所に自筆証書遺言を保管してもらう制度)、または公正証書遺言をおすすめしております。
また、公証人・税理士・行政書士・保険会社・土地家屋調査士・弁護士とも連携しており、ノンストップで相続遺言のサービスをも提供しております。
・遺言書の作り方が分からない。
・遺言の内容をどのようにするか迷っている。
・遺言の内容について専門家のアドバイスを受けたい。
・公正証書遺言が良いのか、自筆証書遺言が良いのかわからない。
など、先ずはどのようなお悩みでも、お気軽にご相談下さい。

遺言書の作成手順

お悩み、相談内容を確認
遺言方法、費用等を御提案
遺言内容(下書き)を御提案
遺言書作成
当事務所での遺言書作成費用はこちら

相続発生後、遺言書の執行

自筆証書遺言
裁判所の検認
(遺言書保管制度を利用した
場合、不要)
公正証書遺言
家庭裁判所への遺言執行者の選任申立て
(遺言書に執行者の指定がない場合)

注)当事務所で遺言書を作成した場合、遺言書にて当事務所を遺言執行者として指定します。

遺言執行者の就任
財産目録の調整
遺言執行

遺言執行の報酬基準

相続財産等承継業務委託契約書による報酬規定表