本文へスキップ

新潟県司法書士会所属・認定司法書士

電話でのお問い合わせはTEL.0254-22-3214

〒957-0053 新潟県新発田市中央町5丁目8番1号

民事信託 事例C

空き家問題と信託

は、70代の男性です。私は元々横浜市出身で、両親は横浜市に住んでいました。10年前に父が、3年前に母が亡くなり実家が空き家になっています。実家の土地建物は私が相続して名義人になっています。しかし、私は新潟に住んでいるので、実家の近くに住む妹に自宅を管理してもらっており、貸したり処分したりも妹に自由にしてもらいたいので、妹に自宅を贈与しようかとも思いましたが、私は年金暮らしで大した財産がないので、贈与をしてしまうと自分の老後が心配です。何か良い方法はないでしょうか?


民事信託なら解決できる!  

民事信託設定例
委託者 相談者
受託者 相談者の妹
受益者 相談者 ⇒ 妹

●横浜の家を相談者の妹に信託する。

●妹が横浜の家を管理・運営する。

●相談者が生きている間は相談者が家賃を受け取る。

●相談者が死亡したら妹に確定的に横浜の家の所有権を移す。


当事務所の報酬基準

民事信託は事案によってことなりますので、ご相談下さい。


information

三宅司法書士事務所

〒957-0053
新潟県新発田市中央町5丁目8番1号
TEL.0254-22-3214
FAX.0254-26-6444
メールでのお問い合せ